ハロウィン 収穫祭

秋も近づいてくると、あちらこちらで「ハロウィン」のことばが聞かれるようになります。

日本各地でも、ハロウィンのイベントが行われます。

ハロウィンの意味ってわかってるようで、わからんってことありますよね。

ハロウィンの意味は、収穫祭!って聞いたことあるけど本当? ハロウィンの意味わからん!と言うあなたは要チェックです。

ハロウィンの意味と収穫祭の関係を簡単に説明します。
ハロウィンの意味を子供に聞かれた時の子供向けに話す方法も紹介します。

ハロウィンの意味は収穫祭と関係ある?

ハロウィンは収穫祭と関係あるのかと言えば、関係あります。

ハロウィン 毎年10月31日に行われる、ヨーロッパを発祥とする祭り。
もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事で、11月1日の、カトリックの聖人の日である万聖節(All-hallow)の前の晩に行われる。
出典:コトバンク

 

万聖節は、秋の収穫を祝うとともに、先祖の霊をお迎えし悪霊を追い払う日になります。
ですので、10月31日のハロウィンは収穫をお祝いする祭りとも関係していることになります。

 

ハロウィンの意味を簡単に説明

ハロウィンの意味を、簡単に説明しますね。
ハロウィンの意味わからん!という人は、要チェツクです。

 

ハロウィンの意味の原点を簡単に話すと・・

ハロウィンは、秋の収穫などを祝うキリスト教の祝日「万聖節(11月1日)」の前日におこなわれるお祭りです。

10月31日の大晦日は、万聖節(11月1日)の前夜祭になります。

10月31日は、先祖の霊を迎えるとともに悪霊や魔女が町をさ迷うと言われていました。

この悪霊や魔女が、作物に悪い影響を与えたり、子どもをさらったり、現世の人間たちに悪いことをすると言われていました。

そこで人々は悪霊を驚かせて追い払うことを思いつき、仮面をかぶったり、仮装をしたり、魔除けの儀式を行いました。

この儀式がハロウィンの発祥になります。

ハロウィンで仮装をする理由は?

ハロウィンの意味で仮装をする理由は、魔よけの儀式が、現在は宗教的な意味合いがとれ、大人や子供が仮装をして楽しむイベントとして、現在の日本や海外のハロウィンになっています。

ハロウィンの意味で、日本人も仮装をする理由がわかりましたでしょうか?

 

参考記事:ハロウィンで仮装するのはなぜ?【チコちゃんに叱られる】

ハロウィンが怖いと言われる理由は?

「ハロウィンの意味が怖い」と言われている訳は、ハロウィンの発祥に関係していたわけです。
10月31日は、先祖の霊と共に、悪霊や魔女も一緒にさ迷ようわけです。
悪霊や魔女から身を守るために仮面を被り、魔除けの焚き火もたくわけです。
「ハロウィンの発祥がわかると、ハロウィンの意味が怖い」という理由もわかりますね。

 

ハロウィンの意味を子供向けに話すときは?

ハロウィンの意味を保育園の子供にもわかるように、子供向けに話すときは、要点を話してみましょう。

・ハロウィンは、秋の収穫を祝ったり、悪霊を払う行事が始まり。
・万聖節(キリストの祝日)の前日(10月31日)に来る、悪霊や魔女から身を守るため、仮面を被ったり、仮装をして追い払った。
・現在のハロウィンは、キリストの宗教的な意味合いがなくなり、大人や子供が仮装をして楽しむ行事になっている。

この要点を話せば、ハロウィンの意味が子供に向けて話してもわかるはずです。

ハロウィンも意味がない言われている理由もわかる

ハロウィンも、日本人にとって意味のない祭りとも言われています。

 

クリスマス、バレンタイン共に業界が仕掛けたワナということです。

 

クリスマスは、降誕祭です。

バレンタインは、カトリックでは聖バレンタインの祝日です。

本来の意味からすれば、ワイワイ騒ぐ日ではないのですが、商魂たくましいお菓子業界が、クリスマス、バレンタインに続きハロウィンもイベント化してしまいました。

ハロウィン 意味 まとめ

ハロウィンのイベントも、近年では、バレンタインより賑やかです。

ハロウィンは、「万聖説」 All Hallows の前夜 All Hallows Eve(オールハロウズイブ)が省略されて「ハロウィンに」になったと言われています。

ハロウィンの英語の意味が、日本での呼び名になったわけです。
今まで、「ハロウィンの意味わからん!」と思っていたあなた。

ハロウィンの意味もわかったところで、今年はハロウィンのイベントを楽しんでみてはいかがでしょうか?

今日の「暮らしのおもてなし」は、ハロウインの意味は収穫祭?ハロウィンの意味わからん人は要チェツク!でした。